記事のアーカイブ

ソフィア!

2015年10月17日 13:29
金がなく、宿泊料10ユーロを免除してもらうかわりに オーナー・ソフィア(83歳)に一芸(オペラの一節)を披露するフランス人ペリグリーノ(巡礼者)。 笑顔や芸は、身を助ける。   今日も満室。(※満室、だった。前回に引き続き夏の思い出話です) ソフィアは コーラスをやっていて、カトリック関連の合唱曲も得意。 一度、腹をこわして苦しむドイツ人の青年に 夜中のキッチンでカモミールティー(整腸作用)を与えつつ、 「ドイツ人ならこの歌しってるかしらー?」 とか言って歌いだしたことがあったな。 イスに座り、早くベッドかトイレへかけこみたい、またはしばらく話しかけないでほしいとばかりに苦しんで

アルベルゲゲゲ! (マリロー)

2015年10月13日 22:29
7月にお世話になった 「アルベルゲ・エル・ガレオン」(カミーノ北の道)でのある夕暮れ時。 連日小雨続きで洗濯物が乾かず、 キッチンは洗濯・乾燥機(有料)の順番待ちで パニックになっていた。 そんな中、わての知らぬ間に バイオリン弾き(ドイツ女子)とギター弾き(オランダ男子)のペリグリーノがやってきたらしく、 ガレージは彼らのちょっとした演奏会場に♪  ↑ このバックの洗濯物が、いかにもカミーノ!アルベルゲ! 何しろ荷物を1グラムでも軽くしたいペリグリーノ、 汗でびっしょり汚れた服を、毎日洗って乾かすのが仕事。 ↑...

全品1ユーロのバル(セロナ)

2015年10月11日 22:38
独立問題で揺れるカタルーニャ。 最大都市はバルセロナ。 ↑...

バルセロナ、ジョージ・オーウェル広場

2015年10月10日 23:35
わーい、海だ、太陽だ、バルセロナだー!夜は気温6度まで下がり、ヒーターにへばりついていたピレネー山脈のおひざもと(?)、アンドラ公国から 4時間バスにのってやってきたバルセロナ。⒖年ぶり。 サグラダファミリア、元気にまだまだ建築中! 2000年当時は、プラザ・デ・カタルーニャ前のマクドナルドで飲食中に黒人男にバッグを盗まれたため、 観光どころじゃなかった。(宿で刺身パーティはしたけど!)でもここだけは見にきたんだ。そうそう、今日の今日まで、カタカナでは「サクラダ」って書いてきたんだけど桜田淳子じゃあるまいし、Sagrada Familia ...

アンドラ公国へ来たどら

2015年10月03日 14:50
オラー! アンドラ公国、どこだか分かるかい? フランスとスペインのあいだにあるピレネー山脈にまぎれこんだ(?) ちーっちゃい国だどん。総人口7万9000人! またもやスペインを追い出され、いや、 ヨーロッパシェンゲン協定国の滞在期限 (日本人は6ヶ月ごとにトータル90日まで滞在可能) が、切れそうになって、 帰国までの2~3ヶ月を過ごしにきたどん、どら。 アンドラはこの立地でありながら、ありがたいことに シェンゲン非加盟。EUにさえ加盟していません♪ (かっこえー!?) 公用語はカタルーニャ語だけど、ほぼ国民全員 スペイン語とフランス語も喋るどら。ポルトガル

ボランティアの夏終了!

2015年09月30日 17:42
久々にパソコンひらいて本日2回目更新! 前回分アルベルゲ・ポンフェラーダはここ。 助っ人にきてくれたほかのアルベルゲのオスピタレーロたちと。 もちろんみんなカミーノ歩き経験者。 働きすぎで疲れた、半死状態だ、フツーに眠りたい、 ひとりになりたい野菜が食いたい。。いつも半分眠ってた気がするけど こーしてみると、人のフェイスブックの写真がやたら楽しそうに見えるように わてもそこそこ楽しんでいたのでしょうか?(知るか) ポンフェラーダの同僚4人は、わて以外全員スペイン人。 まかない当番で日本食を作れといわれ、 カレーを作ったら(もち日本のカレー粉などなし!) 激ウマだったのに、 スパイシーが

3軒目、ポンフェラーダの巨大アルベルゲ

2015年09月30日 11:46
9月の上旬はポンフェラーダという町の 巨大アルベルゲでホスピタレーラ(ボランティア)をしたよ。 サンティアゴまで202km。 ピレネーの山から歩いてきたペレグリーノ(巡礼者)に とってはそろそろ歩き始めて1ヶ月というところ。 ハードな仕事、通常はひと夏1アルベルゲを2週間担当する。 しかしわてはこの夏ここで3軒目、すでに6週間働いて死にかけていたため 同僚より遅くスタート、10日間だけの滞在に。   5年前、ペレグリーナだったわてがここに泊まったときは 地下部屋の最悪な印象しかなかった。 地下のベッド数42、小さな窓のみ。 ワッキーと大イビキおやじのはさみ将棋にあって全然眠れなか

アルベルゲの夜

2015年09月22日 12:57
前回のつづき 『当アルベルゲでは、ディナーは提供しません。でもですねー、 私たちはシェアディナーというのをやっています。 (↑ 同僚先輩アリーナがよく作っていたカミーノの矢印パイ。 近所で採れたグランベリーたっぷり!) それぞれが食べ物を持ち寄って、外のテーブルに8時集合。 全部の食べ物を並べてブッフェ形式で食べます。 たとえば昨日は私たちが大量のパスタを用意して、 あるペリグリーノがツナサラダをつくり、ある人がパン、 ある人はポテト料理、ある人がワインを用意してうまくいきました。 日によってはパスタばかり並ぶ日もあるし、 サラダばかり並ぶ日もありますけど、 それはそ

カミーノ、アルベルゲのレセプション

2015年09月03日 15:13
『オラー、...

働きすぎ

2015年09月02日 19:33
オラー! 1ヶ月お世話になったカミーノ北の道での宿を去り、 カミーノフランス人の道の前半、エステーヤという町のアルベルゲでの 2週間任務を終えました。 もちろんここも ノーマネーの完全ボランティア。 エステーヤといえばフランス人の道を歩いたことがある人なら 「ワインが出る水道の2キロ手前の町」 といえば分かるかな? 教会出資のアルベルゲで宿泊は無料。寄付制、ベッド数32。 こじんまりとしたアルベルゲだけど ここも朝食付き、かつディナーも毎晩ペリグリーノみんなで食べるため大忙しでした。 オーナーという人はいなく 私らボランティアの2人のみで切り盛りしていく宿。 掃除、買い物、洗い物、ペリグリー
アイテム: 31 - 40 / 114
<< 2 | 3 | 4 | 5 | 6 >>