記事のアーカイブ

アッシーラの冬 ミヤホステルズ日記3

2015年12月12日 11:04
アッシーラでは毎週木曜日に市がたつ。 パラダイスビーチへ行く途中の、野原のどまんなかに。 テントの中でハエを追っ払いながら食べるイワシの炭火焼。  あち、あち、とか言いながらさ、 手で身を骨からひきはがして食べんの。 フォークなんかないよ。 わて、こーゆーとこで食べるのが一番好き。(高級レストランとか興味なし)    ↓ 配膳ボーイにチップをねだられて、じゃあ1枚撮らせてと。 MIA...

MIA HOSTELSボランティア日記3 SUSHI 

2015年12月01日 11:13
こよみのうえではディセーンバ~~♪ 今日も平和なアッシラー。inモロッコ こないだ MIA...

MIA HOSTELS ミアホステルズ・ボランティア日記2

2015年11月29日 19:48
はまった。 この写真を夏一緒に働いたスペイン友に見せたら、 「あんた、地面とか見ないで歩くから。」と言われた。 そっか……。 MIA...

MIA HOSTELS,ASILAH ミアホステルズ日記

2015年11月26日 11:45
サラーム!宿の夜間スポットライトを改良する我らがオーナー。壁の照明をもっと壁から離して、広域に光が当たるようにしたいんだって。MIA...

モロッコ・トドラ渓谷のおすすめ宿「ゲストハウス・アーモンド」

2015年11月08日 16:27
サラームアレイクム! スペインからアフリカ大陸に入る旅人たちの玄関口、 モロッコのタンジェ近く アッシラーの宿で住み込みボランティア中の森です!(自己紹介) 今この宿で、「さぁこれからモロッコの旅を始めるぞ」という旅人たちに わてがおすすめしているトドラ渓谷の宿。 「ゲストハウス・アーモンド」 オーナーはわての大好きな日本人のみちよさんファミリー。 旅の相談だけでなく、 人生の相談にものってもらっちった。 トドラ渓谷の日々。 毎日、窓の外の鳥や羊の鳴き声で目が覚める。  部屋はモロッコ式のこんな感じ。 シンプルな床生活、気持ちええな。 テラスでヒーコー(コーヒ

帰ってきたアッシラーASILAH

2015年11月01日 18:52
結局、帰ってきてもーた。アッシーラ。スペインの滞在期限がきれて、まず行くところといえば、4月5月に住んだここがすぐ頭に浮かんだけどね。新しい町を見たい欲望やら、古巣に戻りたくないくだらない理由なんかも少々あってはるばるアンドラ公国くんだり(失礼)まで行ってきたとさ。でも………帰ってきちゃった。(トレンディ時代の大竹しのぶ風)アッシラーの教会でやってる夕方のスペイン語教室。1時間あたり約5ディラハム(60円)はモロッコでもダントツの安さな上に、週4日。(ほかはたいてい週2日)学ぶより「人に会う」「社交」が目的のヒマ人にはぴったり!さらに今回は、優雅だけど孤独なアパート生活をやめて、屋上テラスから

バイサラばか(第2期ブーム)

2015年10月28日 14:00
モロッコの北部でしか味わえない (←希少感をあおる表現テク)グリンピースのスープ、バイサラ(ベッサラBessara,ビサラBysara,町で微妙に呼び方違うようですがここではバイサラで)↑ 見た目地味? だけど味はいいのよー。グリンピースを圧力鍋等で塩茹でして、少しのにんにくを加え、オリーブ・オイルをたらーーっとかけたスープ。お好みでパプリカパウダーやコショウを効かせよう!緑+オリーブオイル+塩というわての三大好物が大結集。ま、この緑がブロッコリーやほうれん草だったとしても、わては愛すると思うけど。(補足情報)「バイサラあるかい?」ときいてうなずかれた時の満足感♪おっさんだらけの安食堂でも、バ

帰ってきたモロッコ

2015年10月25日 12:31
サラーム・アレイクム! 結局、3ヶ月前にラマダンに疲れ果て脱出したモロッコに戻ってきてるどー。 この3週間、 スペインのこといろいろ書きながら、モロッコ北部を転々とし、 アパートやらスペイン語教室やら調べて なるべく孤独にならずに楽しく、年末まで暮らす道を探してたが。(鹿児島弁) バルセロナからモロッコの東北沿岸、NADORっつー町へのフライト、 たったの15ユーロ、約2000円だったんだよね。 こりゃ、物価が高くて寒いアンドラ公国なんかでふるえてる場合じゃないわと思って アンドラ計画をあきらめ撤収。 海の町NADOR、温暖でいい感じ~。 少し暑かったけど、 空港のトイレで、おしりまで隠れ

アルベルゲを出た日

2015年10月19日 22:40
「とりあえず2週間」が、3週間、そして結局1ヶ月、オスピタレーロ(ボランティア)初体験の場としてお世話になったアルベルゲ(巡礼者の宿)。水平線から昇る朝日が美しいアルベルゲ。アルベルゲの家族、ご近所さん、同僚ジュリアン、みんなによくしてもらったけど、寝床環境が悪くて体力的にキツく「執筆のため、ほかのアルベルゲも見てみたい」とかいってサヨナラさせてもらうことに。旅立ちの日、ばーちゃんはわてに「ちょっとだけど」と言って小切手を切ろうとしたから断った。「ボランティアで来たのでいらないよ!」ご近所ヘルパーたちも見送りにきてくれた。荷造りを終え、バス出発まであと20分というわてに、マリロー(オーナー娘)

ジュリアン!

2015年10月19日 12:31
雨が降る朝は、自分がペリグリーノ(巡礼者)じゃなくて本当によかったと思った。こんな雨の中、歩きたくないよー!雨だね、だけど早く行かなきゃ!(追い出しモードの8時半)わての同僚ジュリアン。↓ わてが書いた、オスピタレーラ(ボランティア)募集のポスターを見て、ここに留まったフランス男。フランス、ノルマンディのある風の強い海の町の、小さなビジネスホテルで働いている、いや、働いていた。この夏、1ヶ月の休みをもらってピレネー山脈のトレッキングコースを歩いていたら山の中でカミーノ・デ・サンティアゴの看板に遭遇。その矢印につれられて歩いているうちにカミーノ・デ・ノルテの道に入り込んだ。道中、自分の大きなバッ
アイテム: 21 - 30 / 114
<< 1 | 2 | 3 | 4 | 5 >>