Blog

サボテンの味

2014年05月03日 11:03

こんにちは、サボ・テン子です!

今日2回目の更新です。(情熱ブロガーか!)

オバちゃんたちがよく道端で売っているサボテン、

塩かけて生で食べてたけど、

どーもなんか腐ったみたいな独特のすっぱい感じと(腐ってたのか?)

ネバネバ感になじめないでいた。(腐ってたのか?)

しかし、刻んだサボテンがどっさり乗ったお焼きを発見!

サボテンのほかにも肉類とか野菜、チーズ、サルサソースなど、

おばちゃんの前のシルバーのボックスには、SUBWAYばりに

トッピング材料が隠されていたよ。

作り置きのを指差して、「あったかいの、ひとつ下さいな」

って言ったら焼いてくれた。

↑ カメラを向けるとちょいテレるセニョーラ。


とうもろこしの粉を練ったものを団子状にしてプレスで平たくし、

焼きながらオイルを塗る。さらに豆のペースト(フレヒオーレ?とかそんなヒレホレした名前のやつ)も塗って

すでに火が通った(必要あるものは)具材をのせます。

ハイ、サボテンのったーっ! ↓

さらに好みの具をのっけて軽く加熱すれば完成。(ひっくり返しません!)


うん、これならイケる。

あの変な酸味とネバネバが弱まっている!!

ただし、皮がどっしり厚くてチーズも重くて、

腹にはけっこう来るな。10ペソ、約78円。

今度、「皮なしで!(サボテンとトマトだけ塩焼きしてくれる?)」って注文したら

怒られちゃうかな。 笑


以上、メキシコよりテン子がお届けしました!


チャオ♪






<< 98 | 99 | 100 | 101 | 102 >>