ここに住みたい!

2014年05月03日 09:02

オラ〜♪
メキシコ、ケレタロって町が美しすぎて宿も快適すぎて今日で11泊目。

「メキシコ行くよー」と何人かの人に言ったら、「危ないんじゃないの?」とまず心配されて、

わてはそれよりも中米に比べたら物価が高そうだから、メキシコは「時間とお金に余裕があれば」の後回しにしようかと思っていた。だけど旅の先輩たちにきいてみると
「何言ってんの、メヒコ(スペイン語でメキシコ)こそ、あのエリアのハイライト。急いで飛ばすなんてバカじゃん!?」と3人中3人に言われて

やってきたのさ、このサボテン大国♪


メキシコ、すでに大好き。超快適。

カラッとしたこの国の(5月)空気みたいにピーポーフレンドリーで、誰かれかれ誰(?),「オラ〜♪」と挨拶しあって超ラクチン。

以前メヒコに住んでいた友にいわせると

「メヒカーノってバカでいいでしょ? 私もバカだからそのへんが合ってるんだと思う。とっても楽!」

とのことなんだけど、強く同感。

バカって、もちろんバカじゃないんだけどね。

勤勉で賢いオランダ人(←ステレオタイプだけど) に囲まれてる状態では、まったくありえないこの開放感。かといってイタリアのだらけ加減ともちと違うし、私の好きなアルゼンチンの能天気さとも違うし、言ってみりゃ「もっとラクなスペイン!」……って比較級ばかりでソーリー。このへんにはこれからせまるけど、「とりあえず一回ニッコリ笑っとこーぜ!」みたいなノリ(才能?マナー?やさしさ?本能?)を持っている人が多すぎる、素晴らしい国。

旅人との別れとかでちょっとしんみりしてても

威勢のいい市場へゴハンを食べにでも行けば気分も晴れてくるし、

コンビニへ立ち寄ってかっこいい店員さんに200パーセントの笑顔を向けられれば、

「よっしゃ!」

とか思っちゃうわけよ。中学生男子か、おれ(41)。

フィリピン人の笑顔から「おだやかな優しさ」、みたいなものを「じわーん」ともらえるとしたら、

メヒカーノの笑顔はドキュン(昭和風)と一気に来るね、myコラソン(ハート)に。

(って、どんだけ笑顔に飢えてたんだ、わし)

もちろん無愛想な人もいるよ。だけど、スマイル全開の人の全体比高すぎ。

もう登場から、出会った瞬間からみんな、写真でも撮るのかってぐらいニコニコしてるから。


タコスもセビッチェ(魚介類をレモンや酢でマリネしたもの)も美味しくて安い。

宿代だけが、相部屋でも1000円ぐらいしちゃうのがおしいけど(?)

熱いシャワーが出るし排水もしっかりしてるし、そのへんは先進国並み。

今んとこ宿代入れて12500円ぐらいかなー、生活費。


ヒジョーに暮らしやすい。

「コロニアル(植民地)の町並み」にしても、ここケレタロは特に、

本国スペインより豪華なんじゃないか?ってぐらい、旧市街の中に立派な教会が密集。

あちこちにプラザ(広場)もあって、治安もすごくいいし、

まー、そりゃ散歩が楽しいわ。

だけど、

6月からの雨期が来る前に見るものは見ておきたいのでね。

ペース上げて動きます。(知らんがな)

チャオ♪




Blog

鹿児島にて

2017年04月25日 17:05
※日々のつぶやきはブログ『怒りのミカン』にて。   チャオ、ブオンジョルノー! ひっさしぶりに自分のホームページに向かいました。 いつもブログやら見てくれるみなさんありがとう。◎◎ 2週間ぐらい前にジャパンに帰ってきて いま鹿児島の実家に居候しているよ。(ベッドの上でパソコンを広げる生活) 少なくとも1年に一度は日本に戻り、 家族に会うようにはしてるけん。(←北九州弁?)   今回は3ヶ月のジャパン滞在の予定で、 パスポートの作りなおしや健康診断、歯医者、確定申告、クレジットカードの受け取り、 ユニクロエアリズムの購入… やることはいろいろ。   こないだ確定申告

2016年からの旅活動

2017年04月25日 16:03
※冒頭の近況と【お知らせ】をもとに  ここにまとめました。ページ下から、古い順に。(←日本語ヘン?)   ★ローマよりジャパンへ帰国。成田で寝てそのまま鹿児島へ。2017.4.12   ★長かった執筆、そして厳しかった長い冬終了。久しぶりに旅に出た!  シチリア島とサルデーニャ島。   ★南イタリア、プーリア州、サレント。  カザラノという小さな町にアパートを借りて執筆続行。  寒さと薪ストーブと格闘。  毎日部屋を片付けにやってくるオーナーからイタリア語を鍛えられる。   ★アルバニア滞在3ヶ月が過ぎタイムアウト。2017.1.9  船でアドリア海を渡

『旅の賢人たちがつくったヨーロッパ旅行最強ナビ』

2016年10月10日 20:04
旅の日常は別館ブログ『怒りのミカン』にて。エッセイをたくさん書かせてもらった本が出ました。いや、8月発売、ジャパン国内でとっくに大好評発売中!『旅の賢人たちがつくったヨーロッパ旅行最強ナビ』今年の冬、鹿児島県立図書館に通ったり、伊香保温泉旅館でフロント業のかたわら、窓の外が隣室の露天風呂ボイラーっつー暗い部屋で夜なべしたりして書きました。修正はスペインでボランティア中の休憩時間に近所の図書館にいってやりました。(家なしライターそろそろ6年目突入)ヨーロッパのあれこれ。体験談、失敗談、どーやって旅をしてきたか、わてのヨーロッパ友たち。。。。いろいろ書いたでよー。特にスペイン。スペインは振り返れば

スリランカ

2016年05月28日 17:09
また旅人に戻り、さっそくエコノミー症候群や南京虫に悩まされております。だけど元気◎◎◎。スリランカを探検しているよ。ブログはお手数かけますが、簡単に投稿できるこっちにアップしとるでよー。↓『森知子の怒りのミカン The Angry Oranges』

さよなら伊香保

2016年05月20日 01:46
伊香保最後の日。 水沢山に登ってきたよ。 先月、頂上直前でイノシシと遭遇して断念したあの山に。 5月の晴れた午後、 山に入っているのはもう私ひとりだけではなく、 頂上には6-7人のハイカーがおった。(イノシシはいなかった!) そのなかのひとりの女性と友達になったよ。 それが、「なんだ、もっと早く知り合ってれば良かったね!」 なんて、すんごくいい出会いで。 山頂ではやっぱり、ジャパニーズおにぎり。 いや、温泉まんじゅうでしょ。温泉まんじゅう発祥の地なんだってさ、伊香保。 たっぷりのあんの量で有名な、大黒屋さんのおまんじゅう。 黒糖、黒蜜、ぎっりしのあん、とにかくうまい。 私はかじか橋

しだれまくり。

2016年04月22日 23:49
しだれ桜がしだれとる。 しーだーれーーーっ。 今日も休みで歩いたよ。 近くの総合公園。 広--っ、誰もいねー。ぜいたくーーー。 これはわての昼休み散歩道。 まだ桜が残る先週の伊香保温泉。   はーーっ、美しいなー。 そして今日は 花見弁当♪ わーーーい、 わーーーい♪ 生き返るーーー。 ちょっと昼寝。 たまーに、通りかかる人たちに 「昼寝してる人がいるねー」とかいわれながらさ。   そして時々、目を開けるとこのしだれ具合。 しだれるよねー♪ 伊香保の自然は素晴らしいな。 伊香保滞在、残りあと21日/90日 チャオ♪     &n

生き返る

2016年04月17日 22:44
東京から友達が来てくれた。 えー、友達? いたっけ、いたんだ! 会えるのか、飲めるのか!(涙) 4月15日、ここ群馬県(まんぐー)伊香保はまだ桜満開。 (今日4/17、強風でたくさん散っちゃったけど)   前の日からわくわくしてしょーがなかったよ。 ワクワク=0909 「あのさ、温泉旅館ギョーカイってさ、 あんな人がいてさ、こんなことがあってさ、 すげーーのよ……」   わてはライターだけど、 今はなんだかんだで(?) 温泉旅館で初バイト中。(ちょっと疲れたフロント係) 友はずっと編集者でいまも編集者。   彼女は旅館のフロントに立つわてを見て最初に言った。

一時帰国延長特典

2016年04月11日 21:45
咲いた! ここ、まんぐー伊香保周辺の標高は670m。 今が満開でございます。4月11日。 休みだったからまた歩き回った。 公園とか学校に咲いているのもいいけど、 農村にのほほーんと咲いている桜に、うっとり♪  『日本むかしばなし』みたいだなー。 花咲かじいさんはどこかいなー。 遠い昔から、 日本人はこの桜に魅せられてきてるんやなー。 ところでスペインに帰るチケット、 買いなおしたよ。 出国5.25、でもスペインに入るのは6.24 イェーーイ♪ 旅館修行は残り約1ヶ月。 きばれ、きばれ。   早よライターに戻りたい、 旅人に戻りたい、友に会いたいよーー。 でも久しぶりにジ

イノシシ氏

2016年03月30日 20:45
いいそびれましたが(聞かれてねー) 3/27にスペインに戻るチケット、捨てました。(涙) まんぐー(群馬県)伊香保温泉の、とある旅館で 熱血バイト中だからです! 40日目。   今回の帰国、ジャパンで働こうと決めまして、 といってもTOKYOライター業復活となれば まず昔のように東京に部屋を借りて 「ハイごぶさた、復活しまーす!」と方々に挨拶して。。。となるので たったの3ヶ月では難しい、割にあわない。1年以上は居座る覚悟でないと。 そこで今回 多くのバックパッカーが帰国のたびにやっているという 『リゾートバイト』っつーのをやってみることにしたよ。 食事つき、寮つきの短期アルバイト

春は来る

2016年03月17日 22:54
晴れたーーーーーーー! 【知らない土地にひとりで暮らす】 のは慣れてるつもりだったけど 「ジャパン」では東京でしかやったことがなく、 ここまんぐー(群馬)は初めて。   今日も 山景パノラマが美しすぎる伊香保。 しかしここで体験中の生活、 昼間は屋内生活で外を歩く時間がなく、 夜は暗く寒くて外に出れず、 外部との接触はほぼなし。   WiFiがあるおかげで映画を見たり音楽を聴いたりできるのは有難いけど (本もある!酒もある! あれ……結構あるじゃん!)、   自分の部屋の窓がろくに開けられない、 景色が見れないってのが、少々心配で。 やっぱ仲間なしの 自分ひとりな状況
1 | 2 | 3 | 4 | 5 >>